西東京いこいの森公園と周辺の市立公園ブログ

2020年12月28日梅の花が咲きました!@いこいの森公園

霜が降り年の瀬らしい冷え込みの朝、咲いている梅の花を発見!

紅い八重の花が新春を感じさせてくれます。

20201227紅梅

近くにあるコブシには、ふわふわの綿毛に包まれた花芽(はなめ)がたくさん!

花が咲く早春まで見ることができます。

20201227コブシ花芽とメタセコイア

冬は、木々の細やかな枝と樹形が美しい季節。

陽ざしが明るく降りそそぐ公園を、木々を眺めながら歩いてみませんか。

20201227コブシ花芽と原っぱ

梅の次に咲く花が楽しみですね。

よいお年をお迎えください。

カテゴリー:西東京いこいの森公園

2020年12月27日門松が完成しました!

クリスマスが過ぎ、いこいの森公園では一気にお正月を迎える準備が始まりました。

毎年恒例、維持管理スタッフ特製の立派な門松は、今年もパークセンター入口を華やかにしてくれています。

門松設置

 

ちらっとアマビエの姿も…!!

機会があったら、ぜひいこいの森公園に見に来てくださいね♪

 

 

門松集合写真(ブログ用)

今年もたいへんお世話になりました。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

カテゴリー:西東京いこいの森公園

2020年12月20日クリスマスをデコレーション♪@いこいの森クラフトvol.5

北風が吹き、季節は冬に大変身!

「四季のクラフト」5回目は、クリスマス☆

切り紙で作った型で、お菓子をデコレーション。

いろんな形を作って楽しんでくださいね♪

PB290322

 

■準備するもの

切り紙づくり用:折り紙(15cmサイズ)、はさみ、鉛筆かペン

デコレーション用:表面が平らなクッキーなどのお菓子、

ココアパウダーや粉砂糖、茶こしなど粉をふるうもの、スプーン、お皿

※クラフトとして楽しめるように設定しています。

食品を取り扱う際は、衛生、安全面にご配慮お願いします。

 

■作り方

シュガーラスクに雪だるまのデコレーションをしてみましょう。

①折り紙を、お菓子より大きくなるように切ります。

今回のラスクでは、折り紙の4分の1がちょうどの大きさ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

②紙を半分に折って、雪だるまの縦半分の形を描きます。

折り目を左に置いて、ラスクの大きさにおさまるように、

数字の「3」をイメージして描いてね!

2_下絵

③はさみで線にそって切り、外側の紙を開きます。これが型になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

④型をラスクの上に置きます。折り目をのばして平らにするのがポイント。

⑤茶こしにココアパウダーを入れ、型の上でふるいます。

型の端にしっかりとパウダーをふるうと、形がくっきりします。

5_パウダーをふるう

⑦粉を落とさないように型をそっとはずしたら、完成!

7_完成

思ったとおりの雪だるまになりましたか?

クリスマスツリーやいろんな形にチャレンジして、

切った型を、窓辺に飾ったり、カードに貼ったり、

季節のクラフトを楽しんでくださいね♪

ラスクは、西東京市田無町にあるグラスハープさんの

シュガーラスクとブラックココアラスクを使用しました。

いこいの森公園パークセンターでも販売しています♪

 

いこいの森公園パークセンターの四季クラフトはお休み中。

お家ならではのクラフトをご紹介しています。

パークセンターでクラフトを出来る日が、一日も早く訪れますように!

カテゴリー:西東京いこいの森公園

12

いこいの森と
周辺の市立公園
ブログTOPに戻る