西東京いこいの森公園と周辺の市立公園ブログ

2020年10月24日ハロウィンクラフトを楽しもう!

収穫の秋、今回の「四季のクラフト」は、ハロウィン!

折り紙でつくる「紙ふうせん」をアレンジした、小さなカボチャの小物入れです。

お気に入りのトリーツを入れて飾ってくださいね♪

0_ハロウィン

 

■用意するもの

折り紙(15cmサイズ)、黒色のペン、はさみ、テープ

 

■作り方

 

①折り紙の端を4㎝くらい切って、長方形にします。

大きい方が入れ物に、細長い方が持ち手になります。

1_ハロウィン

②半分に折ります。

2_ハロウィン

③短い方を、さらに半分に折ります。

3_ハロウィン

④四角を開いてつぶすように折り、裏返して同じように折ります。

4_ハロウィン

⑤三角の左右の角を、それぞれ中央の線に沿って折り上げます。5_ハロウィン

⑥左右の角を内側の中央に合わせて折ります。

6_ハロウィン

⑦三角の上が開くので、白い端をなかに折り込みます。

7_ハロウィン

⑧白い部分を三角に折り線をつけて切れ込みを入れます。

8_ハロウィン

⑨三角を裏に折り返し、四角い部分は上に広げます。

9_ハロウィン

⑩三角を下にして平たい面を開いて、ペンで絵や文字を描きます。

三角の部分は底になるので、それより上に描いてくださいね♪

10_ハロウィン

⑪上の開いたところに手を入れて開き、四角い部分を内側に折ります。

11_ハロウィン

⑫横の三角を半分くらい内側に追ってカボチャの形をととのえます。

12_ハロウィン

⑬最初に切った①の細長い折り紙で、持ち手を作ります。

半分に2回折って、両端をカボチャの入れ物の内側にテープで貼りつけます。

13_ハロウィン

14_ハロウィン

⑭完成!

15_ハロウィン

 

大きな紙で、大きなカボチャの入れ物も作ってみてくださいね♪

長方形の縦と横の長さの目安は、4対3の割合です。

一辺の4分の1の長さが持ち手に、残りが小物入れになります。

算数で習った!というお友だち、大きい紙にトライ!

 

いこいの森公園のクラフトはお休み中。

パークセンターでクラフトを出来る日が、一日も早く訪れますように!

カテゴリー:西東京いこいの森公園

2020年10月22日赤くなった木の実@いこいの森公園

10月は雨の日が多く続きましたが、晴れの日の空はすっかり秋。

ドングリや木の実が熟してきています。

いこいの森公園には、赤い実をつける木がいくつかあり、赤く色づいてきました。

 

早くに紅葉が始まっているハナミズキは、赤い実も目立っています。

初夏の花もきれいですが、秋の実も陽にあたるとキラキラして華やかです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

毎年たくさんの実をつけるイイギリも、赤くなってきました。

赤くなると鳥が食べに来て、すぐ無くなってしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あずまやの隣にあるサンシュユにも赤い実がなっています。

1cmくらいの実が、葉の脇から垂れ下がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ウメモドキの実も赤くなっています。

高さ1~2m程の小さな木で、枝に点々と小さな実がついています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ニシキギの実が割れて、赤い種子が顔を見せています。

園内各所に植えられていますが、今年は実の付きが少なめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いこいの森公園にはいろいろな木があり、秋になるときれいな実が見られます。

のんびりと木の実を見て歩くのは気持ちがよいものです。

爽やかな秋晴れの一日、空に映える赤い実を見ながら散策してみませんか。

カテゴリー:西東京いこいの森公園

2020年10月17日『見つけよう!お気に入りのLittle Park』~vol.2 遊具を楽しもう編~

***

見つけよう!お気に入りのLittle Park』 プロジェクトの第2弾。

今回は「遊具を楽しもう」をテーマに、西東京市にある小さな公園を紹介します!

***

 

『リトルパークは小さすぎて何もない…😭』

そんな風に考えている方もいるかもしれません。

…でも、そんなことありません!

 

例えば、

場所が小さくても、遊具が充実しているリトルパークはいくつもあります。

子供が乗ったり登ったりして遊ぶだけでなく、

大人がちょっと新しい視点でユニークな遊具探しをして楽しむこともできるんです。

 

今回はそんな遊具に注目して、

西東京市内のリトルパークを4つ紹介していきます。

 

①谷戸第四児童遊園

西東京いこいの森公園の東側、

谷戸町の住宅街にあるリトルパークです。

ここには遊具がもりだくさん。

鉄棒、ブランコ、すべり台、砂場が全部そろっています。

 

 

2方向に伸びたすべり台に、

砂場に通じるくねくねしたトンネルなど、

ユニークな遊具にたくさん出会えるリトルパークです。

 

 

②泉町第三公園

伏見通りを歩いていると、突然現れるのがこのリトルパーク。

入ってみると、とても不思議なつくりをしています。

階段があちこちにあって、ちょっと迷路みたい。

 

 

歩いていくと、奥の方で待っているのはパンダとコアラ。

 

 

ふたりで仲良く座って、来園者を待っています。

優しい雰囲気になんだか気分も和みますね。

 

③緑町二丁目第4公園

地元の方の通勤・通学路としても使われる「六角地蔵通り」にもリトルパークがあります。

真ん中には二匹のいもむし達。

 

 

近づいてみると触角の形が違います。

あなたのお気に入りはどっち?

 

 

④北原三丁目けやき公園

北原三丁目地域の真ん中に位置するこのリトルパーク。

看板やベンチに石がふんだんに使われていて、明るい雰囲気があります。

 

 

中まで行くと

真ん中に黄色い遊具がひょっこり顔を出しています。

実はこれ、シーソーなんです。

リトルパークならではの、小さくて可愛い遊具ですね。

 

 

―――

 

リトルパークは、

少し視点を変えて見ると、

素朴なわくわくがたくさん見つかる場所です。

子供も大人も楽しめるリトルパークの遊具、

ぜひ探しに来てください!

 

 

■今回紹介したリトルパークはココ!■

①谷戸第四児童遊園:

②泉町第三公園:

③緑町二丁目第4公園:

④北原三丁目けやき公園:

 

***

見つけよう!お気に入りのLittle Park』 プロジェクト

 

西東京市にある面積500㎡以下の小さな公園を

“Little Park”と称して、皆さんにご紹介!

あなたのお気に入りのLittle Parkを見つけてみませんか?

***

 

 

カテゴリー:西東京いこいの森公園

12

いこいの森と
周辺の市立公園
ブログTOPに戻る