西東京いこいの森公園と周辺の市立公園ブログ

2020年10月24日ハロウィンクラフトを楽しもう!

収穫の秋、今回の「四季のクラフト」は、ハロウィン!

折り紙でつくる「紙ふうせん」をアレンジした、小さなカボチャの小物入れです。

お気に入りのトリーツを入れて飾ってくださいね♪

0_ハロウィン

 

■用意するもの

折り紙(15cmサイズ)、黒色のペン、はさみ、テープ

 

■作り方

 

①折り紙の端を4㎝くらい切って、長方形にします。

大きい方が入れ物に、細長い方が持ち手になります。

1_ハロウィン

②半分に折ります。

2_ハロウィン

③短い方を、さらに半分に折ります。

3_ハロウィン

④四角を開いてつぶすように折り、裏返して同じように折ります。

4_ハロウィン

⑤三角の左右の角を、それぞれ中央の線に沿って折り上げます。5_ハロウィン

⑥左右の角を内側の中央に合わせて折ります。

6_ハロウィン

⑦三角の上が開くので、白い端をなかに折り込みます。

7_ハロウィン

⑧白い部分を三角に折り線をつけて切れ込みを入れます。

8_ハロウィン

⑨三角を裏に折り返し、四角い部分は上に広げます。

9_ハロウィン

⑩三角を下にして平たい面を開いて、ペンで絵や文字を描きます。

三角の部分は底になるので、それより上に描いてくださいね♪

10_ハロウィン

⑪上の開いたところに手を入れて開き、四角い部分を内側に折ります。

11_ハロウィン

⑫横の三角を半分くらい内側に追ってカボチャの形をととのえます。

12_ハロウィン

⑬最初に切った①の細長い折り紙で、持ち手を作ります。

半分に2回折って、両端をカボチャの入れ物の内側にテープで貼りつけます。

13_ハロウィン

14_ハロウィン

⑭完成!

15_ハロウィン

 

大きな紙で、大きなカボチャの入れ物も作ってみてくださいね♪

長方形の縦と横の長さの目安は、4対3の割合です。

一辺の4分の1の長さが持ち手に、残りが小物入れになります。

算数で習った!というお友だち、大きい紙にトライ!

 

いこいの森公園のクラフトはお休み中。

パークセンターでクラフトを出来る日が、一日も早く訪れますように!

カテゴリー:西東京いこいの森公園

1

いこいの森と
周辺の市立公園
ブログTOPに戻る