西東京いこいの森公園と周辺の市立公園ブログ

2020年9月24日初秋の花と実@いこいの森公園

秋分の日が過ぎてやっと暑さが和らぎ、秋めいてきました。

いこいの森公園でも秋の花が咲き始め、木の実も色づいてきました。

 

ヒガンバナが咲き始め、赤い色がとても鮮やかです。

10株ほどが点々と園内各所で花をつけていて、秋の訪れを感じます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

春だけでなく秋にも咲く、二季咲きの桜の花が咲いています。

5枚の花びらで淡いピンクから白い色の花は、フユザクラです。

いつもは10月頃から少しずつ咲きますが、今年はすでに木全体に花が咲いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

別の種類の桜、ジュウガツザクラの花もたくさん咲いています。

花びらが10枚くらいの八重咲きの桜です。

白い花が多く見られますが、ピンクの花も混ざって咲いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

雑木林では、淡い紫色の小さな花がたくさんついたツルボの花が咲いています。

大きな群落はないので、木の根元まわりを探すと見つけやすいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

花だけでなく、木の実も色づいてきました。

こぶ状に大きくなったコブシの実が割れて、中から赤い種子が出てきていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これから秋が深まると、どんぐりや様々な木の実が見られるようになります。

過ごしやすくなり、のんびりと植物を見るのにはよい季節ですね。

小さな秋の訪れを探しながら歩いてみませんか。

カテゴリー:西東京いこいの森公園

1

いこいの森と
周辺の市立公園
ブログTOPに戻る