西東京いこいの森公園と周辺の市立公園ブログ

2016年10月31日色づくカエデの季節です。@いこいの森公園

これから秋の紅葉が始まり、カエデの季節。

いこいの森公園には、3種類のカエデが植栽されています。

葉の形、実の形が微妙に異なっていますので、ぜひ違いを探してみてください!

 

まず1つ目は、よく植えられているイロハカエデ。

イロハモミジとも言われますが、

二つ並んだ種子が一直線に並んでいるような実です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葉は5~7裂し、付け根の部分が広い角度になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2つ目は、ヤマモミジです。

二つ並んだ種子が逆V字型になっていることが特徴的。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葉は5~9裂し、イロハカエデとよく似ていますが、

葉の付け根の部分がV字型で狭い角度になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3つ目のカエデは、オオモミジ。

実は、イロハカエデにとても似ています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葉は、5~7裂します。

形の違いは分かりにくいかと思いますが、

よく見るとイロハカエデやヤマモミジと比べて

葉の周りにあるギザギザ(鋸歯と呼ぶ)が細かくなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イロハモミジは紅葉系、ヤマモミジとオオモミジは黄葉にも紅葉にもなるようです。

黄葉・紅葉とともに、葉の形を比べてみると面白いかもしれません。

木々の葉っぱが日に日に色づくこの季節。

ぜひ、いこいの森公園に足をのばしてみては。

カテゴリー:西東京いこいの森公園

1

いこいの森と
周辺の市立公園
ブログTOPに戻る